Apple、一般ユーザー向けに正式版「macOS Sierra 10.12.2」をリリース  「MacBook Pro (Late 2016)」のグラフィックの不具合修正や新絵文字、壁紙が追加

macos-sierra

昨日、一般ユーザー向けに正式版「iOS 10.2」「watchOS 3.1.1」「tvOS 10.1」がリリースされたが、本日「macOS」の最新バージョンとなる「macOS Sierra 10.12.2」がリリースされている。

wallpaper-macossierra

今回のアップデートでは、先日行われた新製品発表イベント「hello again」で「MacBook Pro (Late 2016)」の紹介時に使われていた壁紙が4種類追加されている他、新しい絵文字が追加されているなど地味な変更点も多い。

また、先日から問題となっていた新型「MacBook Pro」のグラフィック問題も同アップデートで解決する。

以下にリリースノートを掲載しておくので、今回のアップデート内容を確認してみてほしい。

  • Apple Watchによる自動ロック解除の設定方法と信頼性が改善
  • Touch BarのControl Stripに中国語のトラックパッド手書き認識ボタンの追加が可能に
  • ”グラブ”アプリケーションまたはショートカットキー(Command + Shift + 6)を使って、Touch Barのスクリーンショットの撮影が可能に
  • Touch Barの絵文字ピッカーがディスプレイに表示されてしまう問題が修正
  • MacBook Pro (Late 2016)コンピュータのグラフィックスの問題が解決
  • 一部のMacBook Pro (Late 2016)でシステム整合性保護が無効になる問題が修正
  • iCloudの“デスクトップ”と”書類”の設定、および無効化のエクスペリエンスが改善
  • 最適化されたストレージの通知の表示方法に関する問題が修正
  • BluetoothヘッドフォンでSiriやFaceTimeを使用している時のオーディオ品質が改善
  • ”写真”でブックを作成および注文する時の安定性が向上
  • Microsoft Exchangeアカウントを使用している場合に、”メール”に受信メッセージが表示されない問題が修正
  • Safari機能拡張ギャラリー以外からダウンロードしたSafari拡張機能をインストールできない問題が修正
  • 対応のMacでBoot Campを使ってWindows 8およびWindows 7の新規インストールが可能に

前バージョンの「macOS Sierra 10.11.1」では不具合が多数見つかっており、特に「MacBook Pro(Late 2016)」ではGPU関連の不具合でグラフィックが乱れるなどの問題があったので、なんだか最近Macが使いづらいと思っていた人も多いはず。

これらの問題は今回のアップデートでかなり修正されているので、できるだけ早めにアップデートするようにしよう。

ちなみに昨日、「iOS 10.2」など他OSも最新アップデートが公開されているので、まだアップデートしていない方は以下の記事をどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう