Google、メッセージアプリ「Allo」のGoogleアシスタントが日本語に対応したことを発表

google-allo-logo

今年の9月にリリースされたGoogleの新メッセージアプリ「Allo」が、本日から日本語に対応したことが発表された!

「Allo」は日本語での受け答えもスムーズ

Googleによると、「Allo」に含まれているAiアシスタント機能「Googleアシスタント」は今まで英語などにしか対応していなかったのだが、今日から日本語でも利用が可能になっている。

「Googleアシスタント」は、「Google Now」をチャットボット形式に発展されたもので、ディープラーニングによる自然言語理解力が向上しており、キーボード入力を介して人工アシスタントと対話式で調べごとをしたり、簡単なゲームを遊ぶこともできる。

Googleアシスタントを利用するには、「Allo」アプリ内で、「Googleアシスタント」とのチャットを選択するか、メッセージ送信するための文字入力欄に「@google」と入力することで対話式のアシストが開始される。

allo-japanese

先ほど僕も試しに使ってみたが、英語版と同様、調べごとでもスケジュール管理でも割と何でもこなせる感じで、そこそこ便利。

「Googleアシスタント」は、海外サッカーの試合スケジュールや順位表なども調べることができた上に、明日の天気やニュースを表示させることもできた。

何か適当に言葉をぶつけてみると、ある程度は調べてくれるので、困ったら適当に文字を打ってみるのはアリかもしれない。Googleの「Allo」のダウンロードは以下からどうぞ。

Android版はこちらから

Android、Android ロゴ、Google、Google ロゴ、Google Home、Google Home ロゴ、Google Home Mini、Google Home Mini ロゴ、Google Nest Mini、Google Nest Mini ロゴ、Google Play、Google Play ロゴ、Google Play Music、Google Play Music ロゴ、YouTube、YouTube ロゴは、Google LLC の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。