【注意】「Apple Watch Series 2」を「watchOS 3.1.1」にアップデートすると文鎮化してしまう不具合が一部で発生

watchos-3

昨日、「watchOS」の最新アップデートとなる「watchOS 3.1.1」がリリースされているが、「Apple Watch Series 2」を使用している一部のユーザーから文鎮化の報告が挙がっているので詳細をお伝えしよう。

AppleInsiderによると、Redditの一部のユーザーが「Apple Watch Series 2」を「watchOS 3.1.1」にアップデートしたところ、アップデートに失敗し、そのまま「Apple Watch Series 2」が起動できなくなり、文鎮化してしまったとのこと。

同ユーザーは文鎮化してしまった「Apple Watch」の画像もアップロードしており、画面中央には大きく「!」が表示され、「www.apple.com/help/watch」を見るように促す画面が表示されている様子が写っている。

apple-watch-brick

案内されているApple公式サイトのページへ飛ぶと、このような画面になった場合はサイドボタンとデジタルクラウンをAppleのロゴが出るまで10秒以上同時押しし、「Apple Watch」を強制再起動するようにと指示されているのだが、同ユーザーがこの方法を試しても解決しなかったとのこと。

ちなみに、文鎮化は「Apple Watch Series 2」のみで発生していると報告が挙がっており、初代「Apple Watch」や「Apple Watch Series 1」を使っているユーザーは問題なくアップデートできている模様。

ただ、一体何が原因で文鎮化が発生しているのかは不明となっているので、「Apple Watch」ユーザーは事態が収拾するまでアップデートを待った方が良さそうだ。

ちなみに、もし「Apple Watch」が上記のような状態になって文鎮化してしまった場合は、強制再起動では直らないようなので、Appleのサポートに問い合わせるようにしてほしい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう