【PR】「MacX DVD Ripper Pro」はDVDを簡単に「MP4」形式に変換できるMac用リッピングソフト

macx-dvd-ripper-pro-thumb

近年、スマートフォンやタブレットの高画質化が進み、わざわざPCで動画を見るよりも携帯端末で動画を楽しむ人がかなり多くなった。

ただ、通勤・通学中などにモバイル通信を利用してYouTubeなどの動画を見るとデータ通信量がかなりかかってしまうので、なかなか外では動画を見ることができない人が多いのが現状。

そんな時はDVDをMP4形式に変換し、スマホやタブレットに入れることで、データ通信を一切使わずに動画を楽しむことができるというのはご存知だろうか。

今回はDigiarty Software社の「MacX DVD Ripper Pro」でDVDをMP4に変換し、動画をスマホやタブレットに入れる方法についてご紹介しよう。

【注意】
「MacX DVD Ripper Pro」の公式サイトでは、同製品を使うと「DVDのコピーガードを外してリッピングを行うことができる」「レンタルDVDをコピーできる」という記載があるが、日本では市販のDVDや録画したTV番組などを権利者の意図しない方法で複製することは法律で禁止されている。

同製品は海外製なのでこのような機能も利用できるようになっているが、日本で利用する場合はあくまでもホームビデオや自分で作ったムービーなどの複製だけに留めておくように。

「MP4」とは?

まずは本題に入る前に、「MP4」という動画形式について少し説明しておこう。

「MP4」とは、映像や音声、字幕などを組み合わせて1つのファイルに格納することができる動画形式のことで、最近では各種スマートフォンやブラウザなどの様々なハードウェア・ソフトウェアで再生がサポートされるようになり、主流の動画形式の1つとなっているものの一つだ。

iPhoneやiPadなどのiOS端末も同形式をサポートしており、iTunesを通して簡単に動画を追加することができるので、MP4形式であれば、ホームビデオや結婚式のムービー、友達からのビデオメールなど、どんな動画でも楽しむことができるようになっている。

たった3ステップでDVDをMP4に変換

MacX DVD Ripper Pro」は、たった3ステップでDVDをリッピングすることができる便利な製品だ。

DVDをリッピングする手順は非常に簡単。まずはディスクドライブにディスクを入れ、画面左上の「DVD」タブや中央にある「DVD」ボタンを押してDVDを読み込ませる。

あとは出力フォーマットで「MP4」を選択し、右下にある「RUN」ボタンを押すだけで勝手にリッピングを行なってくれるので、変換されたMP4形式の動画をスマホやタブレットなどに入れるだけだ。

同製品は他にも色々な設定や動画の編集などもできるのだが、MP4の動画をスマホに入れるだけであればこの3ステップだけで十分。変換にかかる時間も他のソフトに比べるとそこそこ速く、忙しい時でも時間をかけずにささっと変換できてしまうのが特徴だ。

同製品でできることについては詳しくは公式サイトを見てほしいのだが、どの機能も簡単で分かりやすく、ホームビデオなどの編集にも十分利用できる。

「MacX DVD Ripper Pro」は製品版と体験版があり、体験版は無料で使用可能だ。もし同製品を使ってみたいという人はまずは体験版を使用したのちに、製品版を購入してみてはいかがだろうか。製品版の価格は7,100円となっている。

体験版のダウンロード・製品版の購入はこちらからどうぞ。

ちなみに、「MacX DVD Ripper Pro」を開発しているDigiarty Software社は現在「2016-2017年末年始キャンペーン」を実施中で、同製品のアップグレードなし版を無料で配布している。

また、通常通りアップグレードができる製品版も2,350円とかなり安くなっているので、気になる方はぜひこの機会にどうぞ!キャンペーンページはこちらからどうぞ。

【注意】
「MacX DVD Ripper Pro」の公式サイトでは、同製品を使うと「DVDのコピーガードを外してリッピングを行うことができる」「レンタルDVDをコピーできる」という記載があるが、日本では市販のDVDや録画したTV番組などを権利者の意図しない方法で複製することは法律で禁止されている。

同製品は海外製なのでこのような機能も利用できるようになっているが、日本で利用する場合はあくまでもホームビデオや自分で作ったムービーなどの複製だけに留めておくように。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう