Apple、デベロッパー向けに「macOS Sierra 10.12.3 beta」をリリース 早くも次期アップデートのベータ版が公開

macos-sierra

昨日、Appleは「macOS Sierra 10.12.2」をリリースしたことをお伝えしたが、翌日となる本日、早速次期アップデートのベータ版がデベロッパーに向けて公開された。

今回、Apple開発者向けに公開したのは「macOS」の最新ベータ版「macOS Sierra 10.12.3 Beta」。

おそらく何かしらの変更が加えられていることが予想されるが、残念ながら現段階では大きな変更点は見つかっていない。

ただし、前回の「macOS Sierra 10.12.2」のアップデート内容がほとんど不具合の修正だったことに加えて、まだ修正されていない不具合も存在するので、おそらく今後もバグの修正等が行われていくものと思われる。その他、大きな変更点等あったら当サイトでもお伝えする予定だ。

ビルドナンバーは「16D12b」。アップデートはいつも通り、Mac App Storeからか、もしくはApple Developer Centerで行おう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。