本日12月17日は「PlayStation VR」の再販日!Amazonを含む各ショップのリンクなど詳細まとめ #PSVR

psvr-review_19

発売前から初期出荷数がかなり絞られていると噂されていた「PlayStation VR」は、予約の時点で毎回すぐに完売してしまう状態となっており、発売日に望みをかけて店舗に並ぶも玉砕…というユーザーが続出。

発売日以降は再販も一切行われず、ついにクリスマスシーズンへと突入かと思われていたが、先日SONYはプレミアムメールマガジンにて2016年12月17日(土)の「PS VR」再販を発表している。

再販はおそらくもうすぐ行われるものと思われるが、当サイトでは絶対に購入したいと意気込んでいる皆さんを全力バックアップ!それぞれのショップや店舗などの情報をまとめてみた。

PlayStation VR
PlayStation VR

posted with amazlet at 16.12.16
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2016-10-13)
売り上げランキング: 797
PlayStation VR PlayStation Camera同梱版
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2016-10-13)
売り上げランキング: 208

オンラインではAmazonが安定か 販売開始は最速で7時

今回、オンラインで再販が行われるのは、発売前に行われた予約受付と同様、ソニーの公式通販サイト「ソニーストア」のほか、「Amazon」「Joshin Web」「TSUTAYA オンラインショッピング」「ビックカメラ.com」「ヨドバシ・ドット・コム」「楽天ブックス」の7サイトとなっている。

このうち、「ソニーストア」や「楽天ブックス」は7時から、「Joshin Web」「ビックカメラ.com」は10時から再販開始。その他のショップの開始時間は不明となっているので、7時に一旦在庫をチェックする必要がありそうだ。

また、「ビックカメラ.com」での再販は抽選となっているので、まずはその他のショップでチャレンジしてから「ビックカメラ.com」に行くことをオススメする。

psvr-review_2

これらのショップは前回の予約戦争の際に利用した人もいるので分かると思うのだが、とにかくサーバー落ちが怖い。7つのショップの中で唯一抽選となっている「ビックカメラ.com」以外は、前回の予約の時点でサーバー落ちが発生し、ショップに繋げるようになった頃にはすでに完売になっていた、ということも。

この中で期待できるのはやはり安心と信頼の「Amazon」だ。第2回目の予約受付時には他ショップがサーバー落ちしている中、予約開始から予約終了までサーバーが安定、9分45秒もの間購入できる状態だったという驚異的な記録を叩き出している。

ただ、今回は販売開始後の初めての再販で、しかもクリスマス前という絶妙な時期になっているので、購入を希望するユーザーが殺到する可能性も無きにしも非ず。これまでと同様に、開始前から商品ページに張るしかないだろう。

以下、各ショップの販売リンクをまとめたので、購入前に必ず確認を!

※Amazonは定価よりも高い値段で出品している出品者もいるので注意!メーカー希望小売価格は本体のみが48,578円(税込)、PlayStation Camera同梱版が53,978円(税込)です。

PlayStation VR
PlayStation VR

posted with amazlet at 16.12.16
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2016-10-13)
売り上げランキング: 797
PlayStation VR PlayStation Camera同梱版
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2016-10-13)
売り上げランキング: 208

もしどのショップでも購入できなかったという場合は、落胆する前に「ビックカメラ.com」の抽選に参加するのをお忘れなく。

また、実店舗での販売も行われることが判明しており、こちらは各店舗ごとの開店の時間と同時に始まることが予想されている。

すでに順番待ちの列に並んでいるという人もいるかもしれないが、東京都内などの人気店舗では整理券の時点で完売ということもあり得るので、開店時間よりも前に行って並ぶことを考えておいた方が良いかもしれない。

本日は東京もかなり冷え込んでいるので、列に並ぶ際にはホッカイロを持っていくなど防寒対策を万全にしておくように!

販売店舗一覧はこちらから確認してほしい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。