Twitter、公式アプリで新しい「共有ボタン」をテスト中 従来のRTボタンが変更に

Twitter

Twitterは何やら新しいボタンの開発を行っているらしい。TwitterのiOS版公式アプリを使っているユーザーなら気付いていたかもしれないが、ここ数日の間、Twitterは一時的に「RTボタン」を刷新していた。

TechCrunchによると、Twitterは将来的に「共有」ボタンのデザイン刷新を検討しているようで、現在ごく一部のユーザーでテストを実施しているようだ。

「RT(リツイート)ボタン」が「共有ボタン」に変更か デザインの変更も

現在、Twitterがテストしている「共有ボタン」は以下のようなもの。以下の画像は僕の公式アプリでスクショを撮影したものになるのだが、実は昨日の昼ごろから僕も同ボタンが表示されている。

twitter-sharebutton5

見ていただけたら分かる通り、「RTボタン」が従来のものから変更になっているのが確認できる。そして、ダイレクトメッセージのアイコンが削除されており、同項目は「共有ボタン」内に統合されるようだ。

twitter-sharebutton

現在テストしているのは、丸の中に矢印が描かれた新しいシェアボタン。このボタンを押すと、以下のような共有の方法が問われるシートが登場する。

シートには、「リツイート」「引用リツイート」「ダイレクトメッセージで共有」「その他の方法でツイートを共有」の4つの選択肢があるようだ。

twitter-sharebutton6

試しにこのRTボタンについて検索すると、日本のユーザーに関しても相当数がテスト対象になっていることが判明。ごく一部といっても、かなりの規模であるようにも感じる。

RTボタンが変更になる理由は不明だが、おそらく返信ボタンとRTボタンが初心者ユーザーにとって分かりづらいからだろう。最近のTwitterは、新規ユーザーを取り込むために、様々な仕様変更を行なっていて、今回のテストもその一環であると思われる。

この共有ボタンが、最終的に採用されるかどうかは今の所不明。TechCrunchによるとTwitterもこの事実は認めているとのこと。今後、採用される可能性はとても高い。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。