「Vine」公式アプリ、App Storeから消えるわけではなく「Vine Camera」アプリに移行へ 2017年1月に公開

vine

Twitterは、以前から慢性的な経営難に苦しんでいる関係で、今年10月に動画サービス「Vine」のサービスを終了することを発表していたが、Twitterは本日「Vine」の公式アプリを「Vine Camera」としてリニューアルする予定であることを発表している。

Vineの公式ブログによると、Twitterは2017年1月に「Vine Camera」というアプリを公開する予定であることが判明。

vine

同アプリは簡単にいうと、動画の作成・編集アプリで、ユーザーはアプリを使って動画を撮影、6秒の動画を作成。その動画をカメラロールに保存するか、Twitterに投稿できるというもの。

投稿先は「Vine」ではなく「Twitter」に直結することになるが、「Vine」らしさはTwitter上で生き続けることになる。

さらに「Vine」におけるフォロワーに関しては、今後、Twitterに移動したときに再び同じユーザーをフォローできるようになるとのこと。

twitter-facbook-snapchat-instagram-vine-sns-logo

今回のサービス終了の発表に関しては、とても多くのユーザーに衝撃が走った。だが、今回の発表により、Vine時代のコミュニティがTwitterにゴッソリ移れる可能性が出てきた。

Twitterに移行しやすくすることで、今後の活動の場をTwitterに求めることができるだろう。今後は、Twitter文化とVine文化が融合することになるのかもしれない。

ちなみに、「Vine」は当初の約束どおりサービスを継続で稼働させ続けることを発表しており、同社のウェブサイト上で、過去に投稿した動画を閲覧・保存することが引き続き可能だ。

ただし、サービスの終了が発表されている以上、いつまでも同サービスが継続するわけではないので、消したくない動画がある場合は、時間があるときなどにバックアップとして保存しておくようにしよう。

[ via TechCrunch ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう