Apple、開発者向けに「watchOS 3.1.3 beta」をリリース

Appleは本日、watchOS 3.1.3 beta」を開発者向けにリリースした。

今回リリースされた「watchOS 3.1.3 beta」でのアップデート内容に関しては、現段階では詳細が不明。何か大きな変更点があるとの報告は今のところないが、こちらについては新たな情報が入り次第、改めてお伝えしたいと思う。

apple-watch-brick

「watchOS」に関しては、先日一般向けにリリースされた「watchOS 3.1.1」のアップデートで「Apple Watch」が文鎮化してしまうという不具合の報告が相次ぎ、Appleがアップデートを一時的に取り下げている状態だ。

今回、開発者向けにリリースされた「watchOS 3.1.3 beta」は、「watchOS 3.1.2」を飛ばしたバージョンがリリースされていることから、文鎮化の不具合に対応したバージョンが「watchOS 3.1.2」としてリリースされることが予想される。

今回リリースされた「watchOS 3.1.3 beta」のビルドナンバーは「14S958」。アップデートには最新ベータ版のiOSが動作しているiPhoneが必要で、「Apple Watch」アプリの[一般]>[ソフトウェア・アップデート]から更新が可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう