バッテリー持続時間が短いと話題になった「MacBook Pro (Late 2016)」、Consumer Reportsの「推奨」を得られず

macbookpro-review

10月末に発売されて以降、様々な不具合などが報告されている「MacBook Pro (Late 2016)」。先日もTouch Bar搭載モデルでのバッテリー持続時間が10時間も持たないと話題になっていたが、この点においてアメリカの専門誌「Consumer Reports」から手厳しい評価をもらっているようだ。

Consumer Reportsによると、「MacBook Pro (Late 2016)」はディスプレイの品質や性能は非常に優れているが、バッテリー持続時間が安定しないことから、「MacBook」シリーズの中で初めて「推奨」に選ばれなかったことが発表されている。

「MacBook」シリーズの中で初めて「推奨」に選ばれず

今回、Consumer Reportsは、十分に充電された13インチのTouch Bar搭載モデルを使用してバッテリーテストを実施。テスト方法は、ディスプレイの輝度を100nitにした状態でSafariで10種類のWebサイトを表示するというものだ。

すると、3回同じテストを行ったにも関わらず、1回目が16時間、2回目が12.75時間、3回目が3.75時間とかなりバラつきが見られたとのこと。

macbookpro-menubar

これらの結果を踏まえ、Consumer Reportsは「MacBook Pro (Late 2016)」を「推奨」に選ばず。これまでの「MacBook」シリーズは全て「推奨」となっていたため、実質「MacBook Pro (Late 2016)」が初めて「MacBook」シリーズの中で「推奨」に選ばれなかったということになる。

ちなみに、評価には直結しないが、使用するブラウザを「Google Chrome」に変更してテストしたところ、Safariよりも一貫して良い結果が得られたという。

「Google Chrome」と言えば、Macユーザーからすれば「バッテリー食い虫」として有名なので、このような結果はにわかには信じがたいが、そういった事例もある程度に留めておこう。

macbookprolate2016-review_1

実際、僕も自分の「MacBook Pro (Late 2016)」を使っているが、正直バッテリーが10時間も持つことはほとんどない。先日公開したレビューでもそのことに触れているが、大体5時間~7時間前後ほどでバッテリーがなくなってしまう。

もしかすると「macOS」のアップデートで改善される可能性もあるかもしれないが、今のところその兆しはない。安定したバッテリー持ちを期待しているのであれば、Consumer Reportsの言うように「MacBook Pro (Late 2016)」は非推奨だ。

また、当サイトでは「MacBook Pro (Late 2016)」を1ヶ月使ってみて、使い心地などのレビューを公開している。同製品の購入を検討している人は、ぜひ参考にしていただければと思う。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。