「AirPods」、一部のユーザーから充電ケースのバッテリーの減りが異常であると指摘

airpods1

先日発売されたAppleの純正ワイヤレスイヤホン「AirPods」は、発売が延期されたり、初回生産分の在庫が少なかったりしたものの、発売後には特に大きな問題は報告されていなかった。

だが、もしかすると本体ではなくケース側に問題がある可能性が浮上した。「AirPods」を使っている一部のユーザーから、充電ケースのバッテリーの減りが異常であるとの報告が挙がっているとのこと。

「AirPods」の充電ケースに問題あり?

MacRumorsによると、「AirPods」の充電ケースを100%まで充電した状態で一晩寝ると、次の日には15~20%ほどバッテリーがなくなっていたり、たった数時間しか経っていないにも関わらず、バッテリーが40%近くなくなっているという現象が発生しているようだ。

これらはRedditなどで報告が相次いでいるものの、いずれも「AirPods」本体ではなく充電ケースの方に問題があると報告しているものが多いことから、充電ケース側に何かしらの問題がある可能性が高い。

今の所、Appleはこの現象について公式な声明を出していないため、詳細は不明だ。

「AirPods」の充電ケースは、24時間音楽を聴き続けることができるように「AirPods」本体を複数回充電できるようになっているのだが、その充電ケースに問題があるとなれば、朝から晩まで家から出る日には安心して「AirPods」で音楽を聴くことができない。

もしこれらの報告と同じように、自分の充電ケースのバッテリーの持ちが悪いという人は、少し不便だが続報を待つようにしよう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう