Bluetooth強度を利用して「AirPods」を探すiOSアプリ「Finder for AirPods」がリリース

finder-for-airpods

先日、Bluetooth強度を利用して「AirPods」を探すiOSアプリ「Finder for AirPods」が開発中であることをお伝えしたが、ついに同アプリがリリースされたのでご紹介。

Finder for AirPods」は、片方の「AirPods」を充電ケースに入れ、失くしてしまった方の「AirPods」のBluetooth強度を計測することで「AirPods」を発見できるアプリだ。

同アプリはBluetoothの強度を辿って「Fitbit」を探すアプリ「Finder for Fitbit」を開発したYouTubeチャンネル「paradise」が開発を行っていたが、ついにリリースとなった模様。

finder-for-airpods

同アプリの使い方は非常に簡単で、失くした「AirPods」をペアリングしていたiOS機器でアプリを起動し、失くした「AirPods」の左右を選択。

手元に残っている方の「AirPods」を充電ケースに入れて蓋を閉じたら、あとはiOS機器を持って歩き回るだけで失くした「AirPods」を見つけることができる。また、両方の「AirPods」を失くした場合でも探すことができるとのこと。

同アプリの価格は480円となっているので、「AirPods」を普段から失くしがちな人はぜひ利用してみてほしい。

AirPods」をApple公式サイトで購入する場合はこちらからどうぞ。

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。