Vine、1月17日にサービスを終了することを正式に発表 今後は「Vine Camera」アプリに移行

twitter-facbook-snapchat-instagram-vine-sns-logo[ img via Blogtrepreneur ]

Twitter社の動画共有サービス「Vine」は、昨年よりサービスの終了が発表されていたが、その正式な日付が発表された。

「Vine」のTwitter公式アカウントによると、Vineのサービス終了日は2017年1月17日。Vineは、同サービスを利用したユーザーに対して、過去に投稿した動画をダウンロードしておくことを推奨している。

「Vine」は「Vine Camera」として生まれ変わる

「Vine」は今後、「Vine Camera」というアプリに生まれ変わりサービスを提供することをすでに発表していて、ユーザーは同アプリを利用することで6秒間のループ動画を作成することが可能に。作成後はスマホのストレージ内に保存したり、そのままTwitterに投稿することができるようになる。

同アプリは、「Vine」のサービス終了と同日の2017年1月17日にアップデートされる予定。日本では時差の関係で翌日の18日になる可能性もあるが、とりあえず過去の動画を残しておきたい人は17日までに必ず動画をダウンロードしておこう。

[ via Engadget ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう