「Apple Watch」を初代「Macintosh」風に変身させるElagoの充電スタンドが話題に 日本でもAmazonで購入可能

elago-apple-watch-stand_1

初代「Macintosh」の懐かしいデザインが最新Apple製品で楽しめる!?

MacRumorsによると、Apple製品のアクセサリメーカー「Elago」が販売している初代「Macintosh」風のApple Watch充電スタンドが話題になっているとのことなので詳細をお伝えしよう。

Apple Watchが初代「Macintosh」に早変わり!

「Elago」が販売しているこのユニークなアクセサリの名前は「elago W3 STAND Apple Watch」。名前の通り「Apple Watch」の充電スタンドなのだが、驚くべきはそのデザインだ。

なんと、デザインは初代「Macintosh」風になっており、「Apple Watch」を横向きに置くと、ちょうど初代「Macintosh」のディスプレイ部分に「Apple Watch」のディスプレイが表示されるようになっている。

「Apple Watch」は横向きに置くことで「ナイトスタンドモード」というデジタル時計のような表示になるので、この表示が初代「Macintosh」の雰囲気と調和してなかなか良い感じだ。

elago-apple-watch-stand_2

同製品はシリコン製なので置いたときに「Apple Watch」を傷つけづらく、ディスプレイが操作しやすいように74°の角度になっているとのこと。

同製品はすでに去年の11月から販売が始まっており、日本でも並行輸入品としてAmazonで購入することが可能。カラーはホワイトとブラックの2種類があり、価格は3,900円となっている。

このうち、ブラックだけは国内正規品の在庫があり、こちらの価格は並行輸入品よりも安い1,990円となっているので、もしブラックが欲しいという人はぜひ国内正規品の方を購入してほしい。

※価格は記事掲載時のもの。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。