失くした片方の「AirPods」を探すためのアプリ「Finder for AirPods」、App Storeから突然の削除

airpods

AirPods」を利用しているユーザーの方々に悲報だ。

この度、紛失してしまった「AirPods」を探すことのできるアプリ「Finder for AirPods」が、App Storeから姿を消したことが明らかになった。詳細をお伝えする。

削除の理由は「App Storeにとって適切なアプリではない」から

「Finder for AirPods」は、Bluetoothの電波強度を計測することで、失くしてしまった片方の「AirPods」を発見することができるという、「AirPods」ユーザー御用達のiOSアプリだが、AppleはApp Storeから同アプリの削除を行ったとのこと。

finder-for-airpods

「Finder for AirPods」の開発者によると、App Storeからアプリが削除された理由は「コンセプトに合わず、(Appleが)気に入らない」から。Appleからの連絡では「App Storeにとって適切なアプリではない」と伝えられているそうだが、その詳細な理由に関しては明らかにされてはいないようだ。

今回の発表に関しては、ユーザーも困惑気味。アプリの内容に違反等があるわけではないため、削除される理由があまり見当たらないことに加えて、失くしてしまった片割れを探し出すための一つの方法として、とても優れていたからだ。

finder-for-airpods

今回、Appleが同アプリを削除した理由について、個人的にはとても気になる。Redditなどでは、「Finder for AirPods」のようなアプリをAppleが自らリリースするのではないかというコメントもあるが、残念ながら現状ではそのような情報はない。

なので、ユーザーは今後「AirPods」をなくさないように努力し続けなくてはいけないということ。今回の削除の件はとても残念だ。

「Finder for AirPods」はダウンロードはできないものの、一度ダウンロードしたユーザーに関しては今後も引き続き利用は可能だという。

ちなみに、「Finder for AirPods」はApp Storeで480円で提供されていたが、今後アップデートなどの対応ができないため、開発者側は払い戻しに応じる予定とのこと。

「AirPods」をApple公式サイトで購入する場合はこちらからどうぞ。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。