「iPhone 8」は「USB3.1」を利用した急速充電に対応し、Android端末でお馴染みの「タップして起動」が搭載か

iphone-8-concept_5

今年発売となる「iPhone 8」は前モデルからの大型アップデートが実施され、ワイヤレス充電への対応「Plus」モデルのさらに上位機種となる「プレミアムモデル」が用意されるという噂が囁かれていた。

しかし、先日入った一部の情報では、次期iPhoneはマイナーアップデートとなり、名前が「iPhone 7s」になるという真逆の噂も出てきており、今年に発売されるiPhoneが一体どんな端末になるのか情報が錯綜している状態だが、またもや新たな情報が登場しているのでご紹介しよう。

Forbesは、次期iPhoneが急速充電に対応し、Android端末に搭載されている「タップして起動」機能が新たに搭載される見込みであることを伝えている。

3モデル全てに新しいチップが搭載、急速充電が可能に?「タップして起動」も搭載か

今回、Forbesに次期iPhoneの新たな情報を伝えたのは、Apple製品のリークでお馴染みのSonny Dickson氏。

iphone-8-concept_1

Dickson氏はまず、次期iPhoneが3モデル体制になるという従来の噂を肯定した上で、この3モデル全てに充電ポートを管理する「Tristar 3, Hydra」という新チップが搭載されると伝えている。

同チップを搭載することで、端末の急速充電が可能とのことだが、残念ながら急速充電の主流であるQualcommの「Quick Charge」とは違う規格で、MacBookで採用された「USB3.1」を利用した充電方式になるかもしれないとのこと。

また、Dickson氏はワイヤレス充電に対して言及はしていないことから、次期iPhoneはワイヤレス充電には対応しない可能性もある。

iphone8concept7

Dickson氏はさらに、次期iPhoneに「タップして起動 (Tap to Wake)」が搭載されるかもしれないと報告。

この「タップして起動」機能は、ローエンドのAndroid端末などで搭載されている機能で、ディスプレイをタップすることで通知画面を表示させるというものだが、同機能の追加はあくまで「iPhone 8」のロードマップ上にあるというだけで、本当に追加されるかどうかは不明とDickson氏は話しているとのこと。

今回、Dickson氏が伝えた「急速充電」や「タップして起動」などについては、本当に実現するかどうかは不明であるものの、もし実現した場合は日々の充電やちょっとした操作が楽になる可能性は十分にあり得る。

だが、Sonny Dickson氏のここ最近のリーク情報は、正確性に欠けるものばかりとなっているため、実現するかどうかは怪しいもの。あまり期待はしないほうがいいだろう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。