今年以降に発売される「iPhone」にはやはり有機ELパネルが採用か Foxconnが量産工場を設けることを検討

今年発売される次期「iPhone」は、現状では4.7インチモデルと5.5インチモデルの他に「プレミアムモデル」が設けられた3モデル体制になり、ワイヤレス充電に対応するなどの噂が濃厚とされているが、前々から噂になっていた「有機ELパネル」に関して新たな情報が入った。

日本経済新聞は、台湾のFoxconn(鴻海精密工業)と傘下のシャープが、中国の河南省鄭州市にスマートフォン向け有機ELパネルの量産工場を設ける検討に入ったと報じている。

量産工場を鄭州市に設けることで輸送費などのコストを削減、iPhoneへの採用は2018年以降か

日本経済新聞によると、Appleは今年発売の次期「iPhone」に有機ELパネルを搭載する予定であり、すでに鄭州市にiPhoneの組み立て工場を持っているFoxconnが有機ELパネルを生産することで、輸送費などのコストを削減できると伝えている。

しかし、有機ELパネルの量産は技術的に難しく、Appleがどれだけ調達するかも現時点では不透明であるため、シャープの戴正呉社長は「2018年に稼働予定となっている日本の堺市に設置される試作ラインでの生産がうまくいけば工場の建設を検討する」と述べているとのこと。

iphone-8-concept_5

これまでの情報では、今年発売の次期「iPhone」の有機ELパネルはSamsung Displayが独占的に供給すると伝えられており、またFoxconnが量産工場を設けたとしても今年の生産には間に合わないため、Foxconn製の有機ELパネルの採用は2018年以降のiPhoneになってしまうことが考えられる。

今回の情報からは今年発売のiPhoneに有機ELパネルが採用されるかどうかは不明だが、2018年以降に発売されるiPhoneには有機ELパネルが採用される可能性がかなり高くなったと言えるかもしれない。

[ via 気になる、記になる… ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。