次期「iPhone」は2つの強化ガラスと金属フレームを採用した新しいデザインに

okiti-clearcase-iphone7plus23

次期「iPhone」については、最近になってから様々な新情報が登場しているが、今度はデザインについての新情報が入ってきた。

DigiTimesは、次期「iPhone」にはステンレス製のフレームが採用され、その加工方法には従来のCNCマシニング加工ではなく、ステンレス鍛造成形技術が採用される可能性があると報じている。

ステンレス鍛造成形技術を用いて製造コストと製造時間を削減

DigiTimesによると、次期「iPhone」はこれまでのデザインから、「iPhone 4」シリーズのような2つの強化ガラスと金属フレームを使用した新しいデザインに生まれ変わるようだ。この際に、Appleは製造コストと製造時間を削減するため、ステンレス鍛造成形技術を用いるのではないかとのこと。

ちなみに、次期「iPhone」向けのフレームはFoxconnとJabilが供給するとみられているようだ。

iphone5s-6s1

これまでも次期「iPhone」は「iPhone 4」のようなガラス製の筐体になるという情報があったが、それを否定するような情報も出てきており、現時点ではどの噂が正しいのか不明だ。

今後は詳細な部品のリークなどが登場してくることが予想されるので、その際にどの情報が正しいのかはっきりすると思われる。

また、DigiTimesは次期「iPhone」の製造に、FoxconnとPegatronの他にWistronも加わったとも伝えている。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!

[ via Macお宝鑑定団Blog ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう