Facebook、Android版「Messenger」アプリのバッテリー消費問題を修正 アプリの再起動で正常に

facebookmessenger1

ここ1〜2週間ほど、Facebookの「Messenger」アプリを使っているAndroidユーザーから、同アプリが妙にバッテリーを消費しているという報告が相次いでいた。

この問題に対して、「Messenger」アプリ部門の副社長であるDavid Marcus氏は事実を認め謝罪。同問題を修正したとTwitterで報告している。

すでに問題は修正済みで、アプリの再起動をすることで正常に

Marcus氏によると、「Messenger」アプリのバッテリー消費問題の原因はアプリ側ではなくサーバー側の設定にあったようで、すでに現時点では問題は修正済み。

ユーザーはアプリの再起動を行うことで同問題が解消されるということなので、現在「Messenger」アプリを開いている人はアプリを一旦終了し、もう一度起動し直すことで解消できるはずだ。

もしAndroidユーザーの中で、最近バッテリー持ちが悪いと感じている人は、Facebookの「Messenger」アプリの不具合を疑ってみてほしい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう