Apple、「macOS Sierra 10.12.3 Beta 4 / Public Beta 4」をリリース

macos-sierra

今週10日、Appleはデベロッパー向けに「macOS」の最新ベータ版「macOS Sierra 10.12.3 Beta 3」を公開したことをお伝えしたが、先ほどデベロッパー向けに「macOS Sierra 10.12.3 beta 4」、そしてパブリックベータテスター向けに「macOS Sierra 10.12.3 beta 4」がリリースされている。

今回のアップデートでは、現段階では大きな変更点は見つかっていない。そのため前回と同様に今回のベータ版でもバグフィックスやパフォーマンスの改善が行なわれているものと思われる。

ビルドナンバーは「16D30a」。アップデートはいつも通り、Mac App Storeからか、もしくはApple Developer Centerで行おう。

ちなみに、前回リリースされた「macOS Sierra 10.12.3 beta 3」では、Safariの「キャッシュの無効化」時に発生していたバグが解消されている。

これはConsumer Reportsによる「MacBook Pro (Late 2016)」のテストにおいて、バッテリーの持ちが悪いと指摘されたことから発見されたバグで、最新バージョンをインストールすることでバッテリー持ちがいくらか改善される可能性がある。デベロッパーの方やパブリックベータテスターの方はインストールしてみましょう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。