10.5インチ型「iPad Pro」は、解像度は12.9インチ型「iPad Pro」と同じでピクセル密度は「iPad mini 4」と同じか

iPad Pro

今年発売される「iPad Pro」については、従来の9.7インチと12.9インチの間に10~10.5インチのベゼルレスのハイエンドモデルが登場し、3モデル体制になるという噂があるが、さらに詳しい情報が出てきているのでご紹介。

Studio Neatの共同創業者でデザイナーのDan Provost氏は、今回新たに追加されるモデルは10.5インチモデルで、解像度は12.9インチ型「iPad Pro」、ピクセル密度は「iPad mini 4」と同じになると予想しているのこと。

「10.5インチ」は計算し尽くされた数字か

Provost氏によると、新型10.5インチ「iPad Pro」は12.9インチ型「iPad Pro」と同じ解像度(2732 x 2048)、そして「iPad mini 4」と同じピクセル密度(326ppi)が採用になる予定。

さらに10.5インチ型端末のディスプレイサイズについてだが、10.5インチ型「iPad Pro」のディスプレイの横幅は、「iPad mini 4」のディスプレイの縦幅と同じ長さになるとのこと。

これは、Appleが12.9インチ型「iPad Pro」を発表した際に、Phil Schiller上級副社長が、同モデルのディスプレイは9.7インチ型「iPad Pro」のディスプレイ2枚分とほぼ同じであるとプレゼンしていたことから、10.5インチ型も同じように「iPad mini 4」を縦に並べて紹介するのではないか、とProvost氏は予想しているようだ。

ipad-family

新型iPadについては現在情報が錯綜している状態で、10.5インチの他に10.9インチモデルの登場が噂されていた時期も。

また、10~10.9インチ型「iPad Pro」とは別に9.7インチ型「iPad Pro」や12.9インチ型「iPad Pro」の次世代モデルの登場も予想されている。こちらの情報については、以下の記事を確認してほしい。

ちなみに7.9インチ型「iPad mini」シリーズに関しては、Appleは現状このモデルをアップデートする兆候はない。そのため、継続して同モデルを販売するか、それか廃止してしまう可能性がある。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (11インチ / 12.9インチ)
 ・iPad Air
 ・iPad mini
 ・iPad (10.2インチ)
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil (第2世代) / Apple Pencil (第1世代)
 ・ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via AppleInsider ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。