米Consumer Reports、「MacBook Pro (Late 2016)」の再テストで評価を一転 「非推奨」から「推奨」に変更

macbookpro-menubar

先日、「MacBook Pro (Late 2016)」のバッテリーテストを再度行うことを発表していたConsumer Reportsだが、テストが完了したようだ。

その結果、同端末の評価は「非推奨」から「推奨」に変更されたことがわかった。

Safari内にある「キャッシュの無効化」設定に存在するバグが影響していた模様

この問題は、昨年にConsumer Reportsが「MacBook Pro (Late 2016)」のバッテリーテスト結果にバラツキがあると報告しており、MacBookシリーズとしては初めて「推奨」を得ることができなかったというもの。

同報告を受けたAppleは「MacBook Pro (Late 2016)」の社内テストを再度行い、Consumer Reportsの行ったテストを検証。その結果、Consumer Reportsのテスト方法は一般ユーザーの実際の使用法を反映していなかったことと、「macOS Sierra」にバグが存在したことが判明していた。

これらのAppleからの指摘を受けて、Consumer Reportsは再試験を実施した。

macbookprolate2016-review_1

結論から言うと、テスト結果は「問題なし」で、バッテリー性能は一貫した結果が出たことが判明した。

Consumer Reportsは、今回の再テストで3つの「MacBook Pro (Late 2016)」を新たにAppleから購入し、複数回にわたってテストを実施。方法はバッテリーがフルの状態から0%になるまで、10種類のウェブサイトをSafariで連続表示するというものだ。

バグが修正された最新の「macOS Sierra」を搭載した同端末は、すべて問題なく動作。「Touch Bar」非搭載モデルは18.75時間、「Touch Bar」搭載の13インチモデルは15.75時間、そして15インチモデルは17.25時間の連続稼働を達成したという。

今回の再テストの結果を受けて、Consumer Reportsは「MacBook Pro (Late 2016)」の評価を「非推奨」から「推奨」に変更。Appleは「MacBookシリーズ初の非推奨端末」という汚名を回避することに成功した。

これで、「MacBook Pro (Late 2016)」のバッテリー問題は一応解決。Appleとしても一安心だろう。

macbookpro-review

ただ、バッテリー持ちに関しては実際に使用しているユーザーからは不満の声が上がっている。実際はフル充電の状態で使い始めても、2時間〜4時間でバッテリーがスッカラカンになってしまうこともよくあることで、Appleが発表している連続駆動時間「10時間」と大きく乖離してしまっている状態だ。

また、バッテリー以外にも問題は山積み。驚くべきことに、「MacBook Pro (Late 2016)」は発売したばかりだというのに、Appleは端末の修理を受け付けていない。

原因は、端末の診断キットの更新が遅れているからだというが、すでに1ヶ月近く修理の受付を停止しており、多くのユーザーが困惑している。

グラフィック表示のバグの問題も残っている状態で、ユーザーはあらゆる問題にさらされている状況。どうにかこれらの問題を解決しないとユーザーの怒りは収まらないだろう。

ちなみに、今回見つかったバグについては今後のアップデートで改善される予定とのこと。先日公開された「macOS Sierra 10.12.3 beta 3」では、すでに修正されているので、デベロッパーやパブリックベータテスターの方は最新ベータ版をインストールすることで多少はバッテリー持ちが改善されると思われる。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう