次期「iPhone」は、より高い防水性能を実現か 現行モデルの防水性能「IP67」から「IP68」へ

iphone7-water

昨年、Appleが発売した「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」は、iPhoneシリーズとして初の防水仕様を施した端末として発売された。

その防水性能は「IP67」程度ととても高いものであったが、今年発売する次期iPhoneはさらに防水性能が高められる可能性があるようだ。

The Korea Heraldは、匿名の業界関係者の話から、Appleが2017年に発売する「iPhone 8(もしくはiPhone 7s)」は、さらに防水性能の高いIP68レベルの防水性能を実現するという。

次期iPhoneは水深1.5メートルの深さの水に30分間水没しても耐えられるほどの防水性能を実現か

Appleの発表によると「iPhone 7」の防水性能は「IP67」程度。これは水深1mの深さの水の中で晒しても耐えられる仕様であるとのことだが、今回報じられている「IP68」は防水等級としては最高のもので、水深1.5メートルの深さの水の中で30分間水没したとしても耐えられるほどのタフな仕様であるとのことだ

あまり水の近くでiPhoneを使う機会は少ない僕だが、それでも端末の耐久度が高まるのは大賛成。やはりiPhoneは高価な端末なので、より壊れにくいに越したことはない。

次期iPhoneに関しては、今のところ多数の噂が登場している。その中で、有力なのは4.7インチモデルと5.5インチモデルのほかに、プレミアムモデルと呼ばれる端末が登場するという噂。

このプレミアムモデルには有機ELディスプレイワイヤレス充電機能が搭載すると言われているが、結局は従来通り2モデルのラインナップになるとも囁かれており、実際はどうなるかは不明。

また、ケース素材も現在の金属素材からガラス製になるとも言われており、大幅なアップデートも予想されているが、逆にマイナーアップデートに留まるという情報も。メディアも様々な憶測情報に翻弄されている状態だ。

ちなみに今回報じられた防水性能に関してだが、ここ最近のiPhoneは毎年のように防水性能が向上していることもあり、次期「iPhone」がより高い防水性能を実現する可能性はとても高い。

The Korea Heraldによると、Samsungも次期フラグシップモデル「Galaxy S8」でも「IP68」以上の高い防水性能を実現するとみられていることから、Appleもライバルに遅れを取るわけにはいかないだろう。両者の次期端末は防水性能にも注目が集まる。

[ via AppleInsider ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう