「iPhone 8」の新しいコンセプト動画が公開 ベゼルレス5.8インチ曲面有機ELディスプレイが特徴

iphone8-concept3

2017年に発売予定の新型「iPhone」こと「iPhone 8(もしくはiPhone 7s)」は、一部の情報では現行モデルから大きく進化した端末になることが報じられている。

噂では、ワイヤレス充電に対応したり、ガラス製ケースが採用されたり、有機ELディスプレイやホームボタンが画面に内蔵されたり。これらが全部採用されたとしたら、ほぼ確実に過去最高の端末になるだろう。

そんな夢のような端末だが、コンセプト動画の制作でおなじみのConceptsiPhoneが、「iPhone 8」の予想動画を公開しているので紹介しておこう。

セラミック素材が採用され、全く新しい印象のiPhoneが誕生?

ConceptsiPhoneが予想する次期「iPhone」は、こうだ。まず外見に関してだが、これは「iPhone 7」シリーズと大きくは変わらず。

iphone8-concept14

ただし、今までは画面サイズが5.5インチだったのが、最大5.8インチモデルが登場する。しかも、ディスプレイは有機ELディスプレイが採用され、画面の両サイドはベゼルレスに。

iphone8-concept7

iphone8-concept15

本体の背面にはワイヤレス充電用のSmart Connectorのような端子が搭載。充電ケーブルを挿さずとも、充電ポートの上にiPhoneを置くだけで充電ができるようになる。

iphone8-concept2 iphone8-concept1

さらに、ワイヤレス充電を使って充電しないユーザー用に従来通りのLightning端子も搭載されるとのこと(ワイヤレス充電が搭載されるなら、AppleはLightningを廃止してもおかしくないと思うが)。

iphone8-concept8

本体のケースには今までの金属素材ではなく、「Apple Watch Edition」で採用されている「酸化ジルコニアセラミック」が採用され、強い耐久度と美しい外見を手にすることができるようになるとのこと。

ちなみに、この「酸化ジルコニアセラミック」というのは歯の治療によく用いられる、とても強い素材なのだとか。また、電波にさほど影響を与えない素材なので、ワイヤレス充電にピッタリかもしれない。

ただしセラミックの加工は金属ほど容易ではないので、年間に2億台近く生産するiPhoneに同素材を採用するのは現実的に厳しい気もするが。

iphone8-concept6

今回紹介したコンセプト動画はあくまでも予想でしかない。そのため、実際に発売になる端末がこの予想通りの端末になるかどうかは今のところ不明。あくまで「こうなったらいいな」程度に考えておくといいだろう。

iphone8-concept5

ちなみに、現状有力な情報をまとめておくと、「iPhone 8」は2枚のガラスで金属フレームを挟む筐体となる予定で、「iPhone 4 / 4S」に近いデザインに戻ると言われている。

そのほか、4.7インチモデルと5.5インチモデルの他に、プレミアムモデルが新設され、ワイヤレス充電有機ELディスプレイなど多数の新機能が盛り込まれることが予想されている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう