Apple、正式版「iOS 10.2.1」を一般ユーザー向けにリリース バグフィックスやパフォーマンス改善がメイン

昨年末(12月13日)にAppleは正式版「iOS 10.2」をリリースしていたが、このバージョンの修正版となる「iOS 10.2.1」を本日、一般ユーザー向けにリリースした。

本日公開された「iOS 10.2.1」は、「iOS 10.2」からほとんど機能的に変わっておらず、「iOS 10.2」で存在したバグの改善やパフォーマンスの向上などが図られている模様。

最新版にアップデートする際は、iOS端末をWi-Fiに接続したのちに、[設定]アプリ>[一般]>[ソフトウェアアップデート]から。もしくは、MacかPCに接続し、iTunesからどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。