Twitter、「Vine」アプリを「Vine Camera」アプリに置き換え 簡単に6秒間のループ動画の作成が可能に

Twitterは昨年、動画共有サービス「Vine」のサービスを終了することを発表していたが、年始には「Vine」の公式アプリを「Vine Camera」アプリに置き換えて提供することを発表していた。

その「Vine Camera」が、いよいよ本日配信開始。今までの「Vine」アプリが「Vine Camera」に置き換わってのリリースなので、ユーザーはアップデートをするだけで利用可能になる。

Vine Cameraで撮影したループ動画は、直接Twitterにアップロード可能

Vine Camera」は、Vineの本来のサービスである6秒間のループ動画をアプリ内で作成することができ、その動画をスマホの本体ストレージに保存、もしくはTwitterにアップロードできる機能が搭載されている。

アプリの使い方はとても簡単。アプリを起動したら、動画の撮影したいときに画面をタッチし続けるだけで、自動的に撮影。あとは必要な場所のみをトリミングするだけなので、とてもシンプルだ。

動画共有サービスの方の「Vine」は、今後サービスを完全に終了する。まだ公式サイトではサービスは継続されているようだが、当初のアナウンスでは本日中にサービスが終了する予定。

まだ、過去に自分がアップロードした動画をダウンロードしていない場合は、公式サイトからどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう