Evernote、「Evernote 8.0」をリリース スピードや使いやすさを重視し、UIが大幅に改善

本日、人気メモアプリ「Evernote」はスピードと使いやすさを重視して、新たに作り直した「Evernote 8.0」をリリースしているので詳細をお伝えする。

今回リリースされた「Evernote 8.0」は、「Evernote」をもっと早く、もっと使いやすくするために大幅な改良を加えたメジャーアップデートだ。

リリースノートは以下の通りとなっている。

画面下のタブバーから、アプリの主要セクションに素早く移動できます。
– セクション: ノート、検索、新規ノート作成 (+)、ショートカット、アカウント
– ワークチャット機能は「アカウント」配下に移動されました。

新しいノートリストでは、コンテンツが探しやすくなりました。
– ノートのプレビュー表示が刷新され、画像などのコンテンツからノートを特定するのが簡単に
– ノートリストのオプションから 3 種類の表示サイズが選択可能に(‘…’ メニューを選択)
– ノートリストをタグで絞り込み: タグのアイコンをタップし、一覧から選択
– ノートリストをリマインダーで絞り込み: 目覚まし時計のアイコンをタップし、リマインダー付きのノートのみを表示
– 手動で同期: ノートリストを下へプルダウンすると同期されます

ノートブック間の移動も高速化
– 画面上部のノートブック名をタップすると、他のノートブックが一覧表示されます

多機能な「+」ボタンで新規ノートを作成
-「+」ボタンをタップして、ノート編集画面に直接移動
– 長押しでその他の新規ノート作成オプションを表示
– 長押し&ドラッグして「音声」「写真」または「リマインダー」ノートを作成

ノートの中身を見やすくする書式設定のオプションが充実
– 文字のフォントサイズを「大」「中」「小」の 3 段階から選択
– 文字の色を変更可能に(グレー階調は左へスワイプ)
– 下方向へスワイプするとキーボードが非表示になり、閲覧モードに切り替わります

2つの検索方法
– ノートリスト上部の検索欄をタップし、ノートブック内を検索
-「検索」タブからアカウント全体を検索(ノート、ノートブック、タグが検索対象に)

ショートカットに簡単アクセス
– タブバーからショートカットに直接アクセス
– ショートカットには、最近閲覧したノートも表示されます

「ビジネス」と「個人」をスムーズに切り替え
– Evernote Business をご利用の場合、「アカウント」タブからビジネスと個人のアカウント間を移動できます。自分のユーザ名をタップし、アカウントを選択してください。
– または「アカウント」タブを長押しすることで素早く切り替えられます

タグからノートを絞り込み
– ノートリストをタグ(複数可)で絞り込めます。ノートリストで検索欄の横にあるタグアイコンをタップしてください。
-「検索」タブからタグへ移動(入力開始すると、一致するタグが予測候補に表示されます)
– タグを管理する場合は「アカウント > 設定 > タグを管理」から行ってください。タグの削除やショートカットへの追加などが可能です。

ここ最近のEvernoteに関しては、あまり良い話が少ない。最たる例は一部の社員がユーザーのメモの内容を閲覧することができるように突如プライバシーポリシーを変更した事件。これに対して、Evernoteを利用するユーザーは当然反発した。

この問題に関しては、最終的にプライバシーポリシーの変更を撤回するに至ったが、その他にも2016年6月には有料プランの値上げを実施し、無料プランに関してもサービス内容が改悪された。

Evernoteユーザーの中には、同アプリの「迷走」ぶりから他サービスに移ったユーザーもいるとのことだが、今回のアップデートでは見づらいと不満が挙がっていたUIが大幅に改良されていたり、メモが見やすくなったりとユーザー目線で利便性が高められていることは間違いないだろう。

今回の「Evernote 8.0」のリリースを機に、Evernoteは失ったユーザーを取り戻すことができるのだろうか、注目だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう