GoogleとLG、「AndroidWear2.0」搭載スマートウォッチ「Watch Sport」と「Watch Style」を2/10に発売か Android PayやGPSに対応

いよいよ「Android Wear 2.0」が搭載されたスマートウォッチが来月にも登場するようだ。

スマートフォンやスマートウォッチのリーク情報で定評のあるEvan Blass氏(@evleaks)はTwitterで、GoogleとLGが「Android Wear 2.0」を搭載したスマートウォッチを発表する予定であると伝えている。

「Watch Sport」と「Watch Style」という2種類のスマートウォッチが登場

GoogleとLGが共同開発で製作しているのは、2つのスマートウォッチ。名前は「Watch Sport」と「Watch Style」だ。

どちらのデバイスも円形の有機ELディスプレイが採用され、より時計チックなデザインに仕上がっている様子。Wi-Fi接続とBluetoothに対応しており、もちろんスマートフォンとの連携も可能。さらにフラグシップモデルの「Watch Sport」は、3G回線とLTE回線のどちらにも対応しており、スタンドアローンでも通信することができるそうだ。

「Watch Sport」と「Watch Style」はいずれも防塵・防水仕様で、「Watch Sport」は、1.38インチ有機ELディスプレイを搭載。そして、「Watch Style」は1.2インチ有機ELディスプレイを搭載する。

「Watch Sport」は、「チタン」と「ブルー」カラーが用意され、「Watch Style」は「チタン」「シルバー」「ローズゴールド」の3色展開になる模様。

Evan Blass氏によれば、これらのデバイスは、「Android Wear 2.0」のローンチイベントで発表される予定で、発売は2月10日になるとみられている。まずは米国で先行発売し、2月以降に他の国でも順次発売になる見込みだ。

ちなみに、来月にリリース予定の「Android Wear 2.0」は、「Watch Sport」と「Watch Style」のような丸型デバイス向けにUIが改良されるなど大幅な改良が行われる予定。

そのほかにも「Google Playストア」に対応することから、スマートウォッチが単独でアプリのインストールができるようになる。そうなればスマホとの連携を断ち切ることができるので、スマートウォッチの存在感がさらに大きくなることに。

バッテリー持ちなど様々な問題はありそうだが、今後のスマートウォッチがどう変わっていくのかも含めて、この二つのデバイスには世界中が注目している。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 7
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー

Android、Android ロゴ、Google、Google ロゴ、Google Home、Google Home ロゴ、Google Home Mini、Google Home Mini ロゴ、Google Nest Mini、Google Nest Mini ロゴ、Google Play、Google Play ロゴ、Google Play Music、Google Play Music ロゴ、YouTube、YouTube ロゴは、Google LLC の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。