「iPhone 8」には5.8インチモデルが登場か 有機ELディスプレイに「Touch ID」や「FaceTime」カメラなどが埋め込まれる模様

様々な情報が飛び交っている次期iPhoneの「iPhone 8」もしくは「iPhone 7s」シリーズ。

有機ELディスプレイやワイヤレス充電機能など、搭載してほしい新機能は山積みだが、個人的に気になっているのはラインナップがどうなるのか。

来年のiPhoneは、プレミアムモデルを含めた3モデル体制になることが予想されているが、Cowen and CompanyのアナリストTimothy Arcuri氏が、Appleは2017年後半に3種類の新型iPhoneを発表する予定だと伝えている。

5.8インチモデルが追加、FaceTimeカメラやTouch IDなどがディスプレイに埋め込まれる

Timothy Arcuri氏によると、Appleが発表する次期iPhoneは、4.7インチモデルと5.5インチモデルの「iPhone 7s」と、5.8インチモデルの計3モデル。

4.7インチモデルと5.5インチモデルについては、「iPhone 7」シリーズのアップグレード版となるようで、大きな変更点はないものとみられる。

そして、注目の5.8インチモデルについてだが、こちらは画面に有機ELディスプレイが採用された端末になるようで、エッジ・トゥ・エッジ(つまりベゼルレス)デザインになる模様。

FaceTimeカメラやTouch IDなどの機能は全て有機ELディスプレイ内に埋め込まれる形になるので、フロントパネルがスッキリした印象になる可能性が高い。

この他には、赤外線センサーでユーザーの顔やジェスチャーを認識できる機能が追加で搭載される。以前から言われているワイヤレス充電機能も搭載されるとのことだ。

ただ、このレポートには少しばかり疑問点もある。Timothy氏は「Touch ID」がディスプレイに内蔵されることを予想しているようだが、この技術を採用するにあたってSynapticsの光認識による指紋センサーを導入するとしている。

だが残念ながら、Synapticsは各メーカーに対して、まだ製品サンプルを提供していない。そのため、この部品をiPhone用に大量生産するのはまだ難しそう。また、以前には有機ELディスプレイやワイヤレス充電機能なども大量生産に問題があると報じられている。

もしこれらの技術を搭載したプレミアムモデルを登場させるなら、生産台数がとても少なくなることが予想され、またもや「iPhone 7 Plus」のように手に入るまで3ヶ月もかかるような入手困難な端末になることも容易に想像できる。Appleは同じ失敗を二度も繰り返すのだろうか。

これらの機能が全て搭載されたら、おそらく過去最高のiPhoneになることは間違いないだろう。個人的にはとても期待はしているのだが、無茶をして入手困難な端末を作らないようにだけはお願いしたい。

[ via AppleInsider ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。