次期「iPad」シリーズは9.7 / 12.9インチの他に10.5インチモデルが登場して3モデル体制に 発表は2017年後半

ipad-pro-review_2

最近、次期「iPad Pro」には既存の9.7インチと12.9インチの他に10.5インチモデルが登場し、3モデル体制になるという情報が相次いでいるが、これに関してまた新しい情報が登場している。

DigiTimesがサプライチェーンから入手した情報によると、Appleは2017年内に9.7インチと12.9インチ、そして10.5インチの新しい「iPad」シリーズを発表するとのこと。

次期「iPad」シリーズは10.5インチモデルが新たに登場、発表は2017年後半に?

サプライチェーンからの情報では、Appleは10.5インチのiPadを既存の9.7インチモデルの製品ラインで製造することを検討しており、新しい9.7インチモデルは主に教育部門をターゲットにしたデバイスになるようだ。

また、10.5インチモデルには次世代プロセッサの「A10X」が搭載され、アップグレードが行われた12.9インチモデルの「iPad Pro」にも同じチップが搭載される予定。これらの製品の部品は主要なサプライヤーから供給されるという。

そして、次期「iPad」シリーズの気になる発表時期についてだが、DigiTimesは「2017年の後半まで発表・発売はない」と伝えている。

ipad-shot7

今回の情報でも、次期「iPad」シリーズが3モデル体制になることが伝えられていることから、現時点では次期「iPad」シリーズは9.7 / 10.5 / 12.9インチの3モデル体制での発売となるのが濃厚だ。

ただ、気になるのはその発表次期。これまでの情報では3月には発表が行われるものとみられていたが、今年の後半ということは、もしかすると新型iPhoneやMacなどの製品と同時に発表されるのだろうか。詳細が気になるところだ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (12.9インチ / 10.5インチ)
 ・iPad (9.7インチ)
 ・iPad mini 4
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil / ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
ipad-pro-review_2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう