ニンテンドースイッチ、日本のネットでは約10分で完売 まだ予約できていない人は1月23日(月)の任天堂公式オンラインストアでの予約へ

本日、任天堂は各オンラインストアや店舗で、新型家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の予約受付を行なった。

朝9時からの予約受付だったが、早い時期から予約の受付を行うことをアナウンスしていたヨドバシカメラやビックカメラは、予約受付時間になってからサーバーがダウン。その後に復活したものの、実質すぐに完売(ヨドバシはしばらく買えたみたいだが)。

Amazonや楽天などでもそれなりの人数が予約受付できたようだが、たった10分で予約受付が終了してしまった。

日本では一瞬で予約受付終了 Amazonも10分ほどで完売

米国などでは数時間は予約受付ができたとのことだったので、割と潤沢に在庫が用意されていると予想されていたが、多くのユーザーがネットでの購入を試みたからか、オンラインショップではほぼ全部のストアで完売に。

もし、今回の予約受付で購入できなかった人はどうすればいいのか。まずはこれからすぐにお近くの家電量販店、もしくはゲオなどのゲーム屋に駆け込めば、まだ在庫があるかもしれない。まずはリアル店舗にダッシュすることをお勧めする。

そして、それでも予約ができなかった方。その方は残念ながら今日の予約は諦めて、次に予約ができる機会を伺おう。

次に予約ができるチャンスは、1月23日にニンテンドー公式サイトで行われる予約受付。任天堂は、同日にニンテンドースイッチ本体と各種アクセサリなどの予約の受付を行うことを発表している。

詳しくは上記の記事を参考にして欲しいのだが、任天堂の公式サイトでは限定グッズの販売なども予定されているので、競争率は高そうだが、試してみる価値がありそうだ。

ちなみに、まだ任天堂は今回の予約受付を「最終予約」とは宣言していない。もしかしたら、まだ予約ができる機会があるかもしれないので、今後の情報はしっかりとチェックしておいていただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。