「iPhone 8」はやはり全面ディスプレイモデルに?Touch IDと顔認識技術の両方を組み合わせた2段階の認証システムが搭載か

次期iPhoneこと「iPhone 8」は、指紋だけでなく顔を見せるだけでもロック解除できるようになるかもしれない。

Apple製品に精通しているKGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleは2017年に発売する次期iPhoneに、新しいバイオメトリック認証技術を搭載するだろうと伝えている。

将来的に、iPhoneのロック解除は指紋認証から顔認証に移行へ

今回のKuo氏のレポートでは、まず「3D Touch」について述べられていて、ユーザーの指圧を検知するためのセンサーを、現行のFPCBセンサー(フレキシブルプリント基板)から、新しい静電容量式フィルムセンサーに切り替えることが予想されている。

具体的にどのように変わるのかは不明だが、Kuo氏によると、「3D Touch」の使い勝手が更に向上する見通し。さらに、指圧によってディスプレイの形状が変化しないように、Appleはフィルムセンサーの直下に金属製のパーツを埋め込むことを検討しているという。

TouchID

次に、次期iPhoneのディスプレイとセキュリティ関連について。Kuo氏によると、次期iPhoneは「全面ディスプレイ」、つまりベゼルが全く存在しないデザインが採用される模様。そして有機ELディスプレイが搭載される予定の「プレミアムモデル」は、やはりフレキシブル有機ELパネルが採用される予定とのこと。

ここで興味深い話が登場している。この「全面ディスプレイ」への移行のおかげで、Appleは現状のシステムの一部を変更する必要があるそうだ。その最たる例は「Touch ID」。

Appleは、この全面ディスプレイに対応した新しい「Touch ID」(指紋認証)を開発中。現在、ガラス下に埋め込まれている「Touch ID」を、ディスプレイの下に埋め込む必要があるため、静電容量式から光学式に置き換える必要があるとみられている。

tim-cook

また、同時にAppleはセキュリティの強化も検討していて、将来的にiPhoneのロック解除は指紋認証ではなく、顔認識で行うようになる可能性があるという。ただし、技術的な問題がいくらか残されていることから、すぐには顔認識に移行できない可能性が高い。

その技術的な問題とは、「アルゴリズム」と「ハードウェアデザイン」そして「膨大なデータベース構築」。これらの3つだけでもかなり大掛かりな作業が必要なため、次期iPhoneを発売する2017年秋までに間に合わなさそう。

そのため、まずは指紋認証と顔認識の2段階認証を採用する予定で、将来的に技術的問題を乗り越えることができたなら、指紋認証から顔認識に完全移行するものとみられている。

次期iPhoneは、現状の有力な情報では従来の4.7インチモデルと5.5インチモデルの他に、新たにプレミアムモデルと言われるハイエンドな端末が用意される見通し。名前が「iPhone 7s」シリーズなのか、それとも「iPhone 8」なのかは定かではないが、ユーザーは3機種の中からどの端末を買うか選ぶ必要があるとみられている。

そのハイエンド端末は、全面ディスプレイやフレキシブル有機ELディスプレイが搭載されるなど従来のiPhoneとはデザイン的にも全く異なる端末になることが予想されている。一体どんな端末になるのか、僕個人も期待しているが、それ以上に全世界がAppleの今後に期待している。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう