最新の噂を反映した「iPhone 8」のコンセプト動画が公開 第2のタッチスクリーンが搭載!?

iPhone 8」に関する最新の噂を反映したコンセプト動画が登場だ。

新型iPhoneのコンセプト動画でお馴染みのYouTubeチャンネル「ConceptsiPhone」が、新たな「iPhone 8」のコンセプト動画となる「Introducing iPhone 8 – ‘X’ Edition」を公開している。

第2のタッチスクリーンの搭載が特徴的なコンセプト動画

公開された「Introducing iPhone 8 – ‘X’ Edition」は、次期iPhoneである「iPhone 8」の最新の噂を反映させたコンセプト動画だ。

動画ではまず、「iPhone 4」シリーズのような2枚のガラスで金属フレームを挟み込むようなデザインの「iPhone 8」が登場。背面のデュアルレンズカメラは縦に並び、下部には「Smart Connector」と思わしき端子が搭載されている。

もしかしたらこの端子で外部のアクセサリに繋いだり、噂のワイヤレス充電ができるようになるのかもしれない。

本体下部のベゼル部分には第2のタッチスクリーンが搭載されており、スリープ時にはスクリーンの中央に通知が表示されたり、アプリごとに表示をカスタマイズできる領域になるのだとか。なかなか面白い発想だ。

カラーラインナップは「iPhone 7」シリーズと同様に、ゴールド・ローズゴールド・シルバー・ブラック・ジェットブラックの5種類。ゴールド・ローズゴールド・シルバーの3種類に関しては金属フレーム部分に色がつくだけで、背面は真っ白に。ブラック・ジェットブラックは現在の「iPhone 7」シリーズとほとんど変わらないような雰囲気だ。

動画の最後では「Touch ID(ホームボタン)」がディスプレイに埋め込まれている様子も紹介されていた

今回紹介した動画はあくまでもコンセプト動画なので、実際の「iPhone 8」がこのようになるわけではないが、第2のタッチスクリーンなどの発想はかなり面白いと個人的には思う。動画は1分17秒と短めなので、気になる人はぜひ動画を視聴してみてほしい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。