Apple、2017年度第1四半期の決算内容を発表 iPhone、Mac、Apple Watchが過去最高の売上を記録

apple-earthday2

本日、Appleは2017年度第1四半期(2016年10月~12月)の決算内容を発表した。

ここ最近のAppleの決算発表は、主力のiPhoneiPadMac部門の不調が目立っていたが、今回の発表ではどうなったのか。早速詳細を確認していこう!

2017年度第1四半期(2016年10月~12月)の決算内容

総売上高 / 純利益
総売上高  783億5,100万ドル ( 3%増 )
純利益 178億9,100万ドル ( 3%減 )
各製品の売上高 / 販売台数
  売上高 販売台数
iPhone 543億7,800万ドル ( 5%増 ) 7,829万0,000台 ( 5%増 )
iPad 55億3,300万ドル ( 22%減 ) 1,308万1,000台 ( 19%減 )
Mac 72億4,400万ドル ( 7%増 ) 537万4,000台 ( 1%増 )
Service 71億7,200万ドル ( 18%増 )
その他 40億2,400万ドル ( 8%減 )
地域別の売上高
地域 売上高
アメリカ 319億6,800万ドル ( 9%増 )
日本 57億6,600万ドル ( 20%増 )
ヨーロッパ 185億2,100万ドル ( 3%増 )
中国 162億3,300万ドル ( 12%減 )
アジア太平洋地域 58億6,300万ドル ( 8%増 )

増減は全て前年同期比の数字。

applestore-instanbul

上記表が今回発表されたものの抜粋。Appleの今期の売上高は784億ドル、純利益が179億ドル。希薄後の1株あたり利益は3.36ドルとなった。

今回の決算から言えることは、Appleの新製品は全て「成功」したということ。

昨年9月から10月にかけて、Appleは新製品「iPhone 7 / 7 Plus」「Apple Watch Series 2 / 1」「MacBook Pro (Late 2016)」を相次いで投入。これらの新製品については、一部報道ではネガティブなものも存在したが、結果としては販売は好調だった模様だ。

AppleのCEOティム・クック氏によると、iPhone、Mac、Apple Watchの販売台数は過去最高を記録したとのこと。新製品の登場が、Appleの決算内容を押し上げたことは間違いない。


特に「iPhone」シリーズに関しては、前年同期比で5%の増加。ここ最近は「iPhone」の販売台数が奮っておらず、3期連続で売上がダウンしていたが、今回の決算でようやくプラスに転じることができた。

ちなみに、各地域での売上については中国以外では全ての地域でプラス。日本国内においては20%も増加するなど大きな成長を記録した。

今後、Appleは新型「iPad」などの新製品の発表を控えている。また、今年はiPhone誕生から10周年を迎える記念すべき年。10周年に合わせて、大きなアップデートを行うと報じられていることから、今後のAppleには大いに期待できるだろう。

apple-earthday2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう