【TIPS】「macOS Sierra 10.12.3」では「ディスプレイの輝度」を調節する機能がメニューバーに追加

本日、Apple正式版「macOS Sierra 10.12.3」を一般ユーザー向けにリリースしているが、同バージョンではMacBook」シリーズのディスプレイの明るさを調節する「ディスプレイの輝度」という設定項目が追加されている。

「ディスプレイの輝度」は、ディスプレイの明るさが75%以上の時にメニューバーのバッテリー項目に表示され、この項目をクリックすると画面の明るさが自動的に75%以下になるというものだ。「自動的に明るさを調節する」機能が有効になっていても機能するようになっている

この項目は、Appleが昨年発売した「MacBook Pro (Late 2016)」のバッテリー駆動時間について、アメリカの専門誌「Consumer Report」から指摘を受けたことが発端になって追加されたもので、「MacBook」シリーズのバッテリー持ちを少しでも長く持たせることを目的としている。

ディスプレイの輝度はバッテリー持ちに大きく関わるので、必要以上に画面を明るくしすぎないようにすることでバッテリーを長持ちさせることができるだろう。

ディスプレイの輝度を75%以上にすることはかなり稀だとは思うが、野外などで「MacBook」を使用する際に役立つこともあるかもしれない。最新のmacOSには同項目があることを頭に入れておこう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう