Apple、デベロッパー向けに「iOS 10.3 Beta」をリリース ー「AirPodsを探す」機能が追加

昨日、Appleは一般ユーザー向けに正式版「iOS 10.2.1」のリリースを行なったが、今度は次の最新ベータ版のリリースを行なっている。

Appleはデベロッパー向けに「iOS 10.3 Beta」を公開しているので詳細をお伝えしよう。

「iOS 10.3」では「AirPodsを探す機能」が搭載

今回デベロッパー向けに公開された「iOS 10.3 Beta」では、複数の新機能や変更点が発見されている。現段階で見つかっている新機能については以下の通り。

  • 「AirPodsを探す(Find My AirPods)」機能の追加
  • 「Siri Kit」が支払い関係の情報確認に対応 Siriで支払い状況等を確認できるように
  • 「Safari」で、Webアプリケーションでの縮小モーション設定をサポート
  • 「CarPlay」で、直近使用していたアプリが表示されるように
  • 「CarPlay」の「マップ」機能、電気自動車用の充電スタンドができるように
  • ファイルシステムが「Apple File System (APFS)」に変更へ
  • 「マップ」アプリの天気アイコンを「3D Touch」することで、1時間ごとの天気を確認できるように
  • 「Podcast」アプリに「ミュージック」アプリのようなウィジェットを新たに追加
  • 「Indian Premier League」と「International Cricket Council」のデータを「Siri」が参照できるように

今回の「iOS 10.3 Beta」の最大の特徴は、紛失した「AirPods」をiPhoneから探すことができるようになったということ。同機能は「iPhoneを探す」アプリに追加されており、iPhoneやMacBookと同様に、どこにあるのかをマップ上で確認することができる。

また、「AirPods」の項目を選択すると、「AirPods」からサウンドを鳴らすことができるので紛失した場合は「AirPodsを探す」機能で簡単に見つけ出すことができるだろう(片方だけ鳴らすことも可能)。

ちなみに先日、Appleはコンセプトが気に入らないとの理由で「Finder for AirPods」というサードパーティ製アプリを削除したことがあったが、これを削除した理由はやはりAppleが同様の機能を持つ「Find My AirPods」を導入する予定だったからだろう。

ただし、「Find My AirPods」は完全なものではない。というのも、「iPhoneを探す」機能は基本的に内蔵しているGPSを基に端末を探す機能だ。そのため、GPSが搭載されていない「AirPodsを探す」機能は、あくまでも最後にiPhoneと接続していた場所を表示するものに過ぎないという。

同機能を利用しても必ず「AirPods」が見つかるわけでないので、「AirPods」を探す一つの方法として利用するといいだろう(アラームを鳴らせるので、家の中だったらほぼ間違いなく見つけられそうだが)。

ビルドナンバーは「14E5230e」。新機能などを試してみたい、デベロッパーの方々は忘れずにアップデートしておこう!

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via 9to5Mac / MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう