Apple、日本国内でも「Appleサポート」アプリの提供を開始

Apple製品で困ったことがあったら、今後はアプリを使ってAppleとコミュニケーションを図ろう。

先ほど、Appleは日本国内のApp Storeにおいて「Appleサポート」アプリの提供を開始した。以下、アプリの詳細をお伝えする。

「Appleサポート」アプリから直接Appleに連絡を取ることも可能

Appleがリリースした「Appleサポート」アプリは、ユーザーがApple製品について何かしらの問題を抱えた時に、解決策を見つけたり、Appleに直接連絡することができる機能が搭載されたトラブルシューティングアプリ。

「Apple ID」でログインすることで利用することができ、ログインを終了すると同時に、自身が持っているデバイスの一覧が表示される。この中からユーザーが問題を抱えている端末を選択すると、iPhoneのトラブルシューティングが参照できたり、サポート情報等を確認することができる仕組みだ。

トラブルシューティングの項目は多岐にわたり、様々な問題をユーザー側で確認することができるようだ。また、これらのトラブルシューティングでも改善できなかった場合に、Appleに直接連絡することができる。

問い合わせ方法はメールや電話など。他にも、Genius BarやApple正規プロバイダーでの予約を取ることもできるので、困った時はとりあえず「Appleサポート」アプリを開いてみるといいかもしれない。アプリは当然無料。ダウンロードはこちらからどうぞ。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。