Apple、「iOS 10.3」からApp Storeのレビューシステムを一部変更へ デベロッパーがレビューに対して返信できるように

Appleは、iOSアプリとMacアプリのレビューシステムに対して、よりコミュニケーションを図りやすくなる仕組みを導入しようとしている。

本日、Appleはデベロッパーに対して最新ベータ版「iOS 10.3 beta」を公開した。それと同時に、AppleはApp StoreとMac App Storeのレビューに対して変更を加えていることが判明。デベロッパーに対して変更の通知を行なっている。

App Storeのレビューシステムは今まで通りユーザーからアプリのフィードバックを受けることができるものではあるが、今後は投稿されたレビューに対して、デベロッパー側が返信することができるようになる。

かねてからデベロッパーから要望のあった返信システムがようやく導入

イメージとしてはAmazonのカスタマーレビューと一緒。アプリを使用してみた感想を、ユーザーはApp StoreもしくはMac App Storeに書き込む。それに対して、デベロッパー側は返信をすることができるわけだが、同時にその返信内容は他のレビュワーに対しても公開される。

今までは、デベロッパーはアプリのレビューに対して直接応答する方法がなかったため、メールやSNSなどを介する以外にお互い連絡を取ることができなかった。

この仕組みが導入されたことにより、デベロッパーはユーザーの困っている問題に対して迅速に対応することができるようになる。デベロッパー側からの返信内容が公開されることで、他にも同じく困っているユーザーのためにもなる。

また、不当な評価やレビューを書かれたとしてもデベロッパーはその指摘を正すこともできる。そういう意味では、ユーザーとデベロッパー、どちらにもメリットのあることだ。

app-apple

「iOS 10.3」には「SKStoreReviewController」という新しいAPIが導入されている。

これは、アプリを使用するユーザーに対して、アプリ内で評価することを促すことのできる機能。以下のようなポップアップを表示させることによって、わざわざApp Storeにアクセスしなくてもアプリの評価(レーティング)をフィードバックすることができるようになる。

これらのレビューシステムは、「iOS 10.3」から利用できるようになるとみられている。おそらく一般ユーザーに公開されるのは数週間~数ヶ月後。同レビューシステムを利用したいデベロッパーはそれまでに仕様を把握しておくことをオススメする。

ちなみに、「iOS 10.3 beta」は、日本時間で25日未明にリリースされた。他にも「AirPodsを探す(Find My AirPods)」が搭載されるなど複数の新機能が公開されている。詳しくは以下の記事からどうぞ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via The Verge ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。