Apple公式サイト、使用フォントを「San Francisco」に変更

本日、Apple公式サイトで使用されているフォントが一斉に変更された。

現在、Apple公式サイトを見ていただければお分かりいただけると思うのだが、使用されているフォントがほぼ全て「San Francisco」に変更されている。おかげで、公式サイトの雰囲気はガラリと変わった。

上記画像が、旧フォントが使用されていた時のスクリーンショットで、下記画像が新フォントを使用している時のものだ。

 

今回使用されている「San Francisco」は、2014年にデベロッパーに対して公開された新フォントで、2015年には「watchOS」と「iOS」、「macOS」でも標準使用されている。

ちなみに、同フォントが適用されていないページもまだ存在するが、おそらく順次新フォントに置き換えられていくものと予想される。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。