「iOS 10.3 beta」、iPad向けに片手用キーボードが用意されていることが判明

本日、Appleは「iOS 10.3 beta」をデベロッパー向けに公開。当バージョンには、「AirPodsを探す(Find My AirPods)」などの多数の新機能・変更点が存在することをお伝えしたが、どうやらiPad向けキーボードの仕様も一部変更点があるようだ。

開発者のSteven Troughton-Smith(@stroughtonsmith)氏によると、「iOS 10.3 beta」にはiPad向けに片手用キーボードが用意されているとのことだ。以下、詳細をお伝えする。

「iOS 10.3 beta」内に片手用キーボードが用意されていることが判明

発見された片手用キーボードは画像のようなもので、どこかに固定してキーボードを表示させるのではなく、「ピクチャー・イン・ピクチャ(PinP)」のように小型ウィンドウ内にキーボードを表示させるような形式になるとのこと。

ちなみに、「iOS 10.3 beta」では、この片手用キーボードが利用できるのは9.7インチモデルより小さいモデルまでとなっていて、12.9インチ型「iPad Pro」では同機能を利用することができないようになっているようだ。

今回発見された片手用キーボードは、実は「iOS 10.3 beta」の内部に隠されている機能で、同ベータ版をインストールしたとしても使うことができない。

Steven Troughton-Smith氏によると、「iOS 10.3 beta 3」内の「UIKeyboardPreferencesController」の「boolForPreferenceKey」を弄ったことにより、出現させることができたという。

この片手用キーボードをユーザーが利用できるのがいつ頃になるかは、現時点では不明。もしかしたらリリースされない可能性もあるが、一番可能性が高いのは新型iPadが発表される頃。そのXデーは2017年3月中と一部では予想されているが、果たして。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (12.9インチ / 10.5インチ)
 ・iPad (9.7インチ)
 ・iPad mini 4
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil / ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう