便利アプリ「Google翻訳」がバージョン5.5.0にアップデート カメラを使ってリアルタイムでの翻訳ができるように

本日、Googleは翻訳アプリGoogle翻訳」のバージョン5.5.0となるアップデートをリリースしている。

今回リリースされたバージョン5.5.0では、カメラで撮影したものをリアルタイムで翻訳する「リアルタイム カメラ翻訳」が登場。カメラで撮影するだけで、英語を日本語に翻訳したり、日本語を英語に翻訳することが可能となった。

実際にアップデートして「リアルタイム カメラ翻訳」を試してみたところ、少し翻訳の精度は悪いような気がするが、なんとなく意味が伝わる程度には翻訳ができている様子。ただ撮影するだけで手軽に翻訳できるわりには優秀な機能だと言えるのではないだろうか。

この「リアルタイム カメラ翻訳」を利用するには事前に翻訳ファイルをダウンロードする必要がある。アップデート後には翻訳ファイルのダウンロードもお忘れなく。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。