【朗報】NTTドコモ、スマホ料金の最低料金を従来より1,000円値下げへ

月々のスマホ料金を安く抑えたいドコモユーザーに朗報だ。日本経済新聞によると、NTTドコモはスマホ料金の最低料金を1,000円値下げすることを近くに発表することが明らかになった。

2GBプランと「カケホーダイライト」プランが組み合わせ可能に

現在のドコモの料金体系では、データプランでは月2GBプラン、通話プランでは5分以内の通話がかけ放題になる「カケホーダイライト」プランがそれぞれ最安となっているのだが、これまではこの2つを組み合わせることができず、実質2GBプランと全ての通話がかけ放題になる「カケホーダイ」プランを組み合わせた6,500円が最安となっていた。

しかし、今後はこの2つを組み合わせることができるようになるため、月々の最低料金を1,000円抑えた5,500円程度にすることが可能になる。

ドコモには1GBのデータプランが存在しないため、1GBプランが選べるKDDIやソフトバンク(最安で月々4,900円)より料金が高くなっていたが、今回の変更が適用されることで2社との差額がだいぶ縮まることに。

できればドコモも1GBプランを用意するべきだなのかもしれないが、それでも今回の変更で料金が安くできることに変わりはない。少しでも月々の料金を抑えたいドコモユーザーにとって嬉しい変更であることは間違いなさそうだ。

また、今回はドコモだけの話にとどまっているが、KDDIやソフトバンクの1GBプランも「かけ放題」のプランとしか組み合わせることができず、結局のところギリギリまで安くすることはできていない状態だ。

もしこの流れにKDDIやソフトバンクが追従するのであれば、業界全体のスマホ料金はもっと安くなりそうな予感。紆余曲折あったが、かねてから総務省が求めていた本来のスマホ料金の値下げに繋がるかもしれない。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。