Apple、GoogleやMicrosoftなどが提携しているAI研究のパートナーシップ「Partnership on AI」に参加へ

昨年、Google・Microsoft・Amazon・Facebook・IBMの5つの大企業が、企業の垣根を超えてAIの研究におけるパートナーシップを提携する「Partnership on AI」を設立した。

この5つの企業は、いずれも近年AIに力を入れている企業ばかりだが、このパートナーシップにAppleが加わることになるようだ。

「Partnership on AI」へのAppleの参加は今週中

Bloombergによると、Appleは今週中にも「Partnership on AI」への参加表明を発表するとのこと。

Appleは2011年に独自の音声アシスタント機能「Siri」を導入。現在ではiPhoneやMacなどの主要なApple製品のほとんどで「Siri」を利用することができるようになったが、その厳格な秘密主義により、AI技術に秀でた人材の登用を制限してしまっており、結果としてGoogleやAmazonなどの企業に遅れをとっていた。

siri

しかし、Appleがこの「Partnership on AI」に参加することは、Appleが秘密主義から脱却し、よりオープンになってきている証。

「Partnership on AI」は、AIに関する議論や研究をよりオープンに行うことのできるプラットフォーム作りを目標としていることから、今後Appleは他の5社と提携してよりオープンな議論を活発に行なっていく可能性がある。これらのパートナーシップの議論から、今後のAppleのAI技術が明るみになることもあるかもしれない。

もし発表が行われるのであれば今週中。ちなみに、今回の報道について、Appleと「Partnership on AI」の代表者はコメントを拒否しているとのこと。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう