Apple、GoogleやMicrosoftなどが提携しているAI研究のパートナーシップ「Partnership on AI」に参加へ

昨年、Google・Microsoft・Amazon・Facebook・IBMの5つの大企業が、企業の垣根を超えてAIの研究におけるパートナーシップを提携する「Partnership on AI」を設立した。

この5つの企業は、いずれも近年AIに力を入れている企業ばかりだが、このパートナーシップにAppleが加わることになるようだ。

「Partnership on AI」へのAppleの参加は今週中

Bloombergによると、Appleは今週中にも「Partnership on AI」への参加表明を発表するとのこと。

Appleは2011年に独自の音声アシスタント機能「Siri」を導入。現在ではiPhoneやMacなどの主要なApple製品のほとんどで「Siri」を利用することができるようになったが、その厳格な秘密主義により、AI技術に秀でた人材の登用を制限してしまっており、結果としてGoogleやAmazonなどの企業に遅れをとっていた。

siri

しかし、Appleがこの「Partnership on AI」に参加することは、Appleが秘密主義から脱却し、よりオープンになってきている証。

「Partnership on AI」は、AIに関する議論や研究をよりオープンに行うことのできるプラットフォーム作りを目標としていることから、今後Appleは他の5社と提携してよりオープンな議論を活発に行なっていく可能性がある。これらのパートナーシップの議論から、今後のAppleのAI技術が明るみになることもあるかもしれない。

もし発表が行われるのであれば今週中。ちなみに、今回の報道について、Appleと「Partnership on AI」の代表者はコメントを拒否しているとのこと。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。