「iPhone 8」の新しいコンセプトが登場 ホームボタンが物理式ではなくなり、アプリのように移動することができるように?

先日から、次期iPhoneこと「iPhone 8」のコンセプトが多数公開されているが、今までに報道されてきた様々な噂を一つにまとめたようなコンセプトが公開されているので紹介しよう。

物理式ホームボタンが廃止され、全面ディスプレイに

デザイナーのMoe Slah氏が作成した今回のコンセプト画像は、「iPhone 8」に関する様々な噂を網羅したもので、ホームボタンが排除され、全面がディスプレイ化した全く新しいiPhoneだ。

コンセプトで描かれているのは、「iPhone 7 Plus」とほぼ同じサイズの端末。

ディスプレイはTFT液晶から有機ELディスプレイに変更。FaceTimeカメラやスピーカーは今まで通り上部に設置されるものの、物理式の「ホームボタン」が完全廃止になることで、フロントパーツがほぼ全てディスプレイ化。

ホームボタンの排除に成功したiPhoneは、その分だけ大きな画面を搭載することができるように。サイドのベゼルが排除されることから、「Edge to Edge」のデザインになり、画面サイズが5.5インチから5.8インチに拡大する。

気になるホームボタンについてだが、Moe Slah氏はユーザーの任意の場所に配置することができるものを想像しているようだ。アプリアイコンのように好きな場所にドラッグ&ドロップできるようになっており、今回のコンセプト画像ではディスプレイの左下端に設置(指紋のアプリアイコン)されている。

このホームボタンでは「Touch ID」と同じように、指紋をかざすことで本人確認ができる。認証に成功すると画面のロックが解除でき、失敗すると指紋が赤く表示されるとのこと。

また、ディスプレイが大きくなったことによって、「iOS 11」ではUIが大きく変更に。例えば、ホーム画面にはAndroidのように常に大きく時計が表示されたり、「ミュージック」アプリはよりスタイリッシュなデザインに。コントロールセンターも刷新されるなど、デザインが全体的に変更になるかもしれない。

今回紹介した「iPhone 8」の画像はあくまでコンセプト。なので、実際の「iPhone 8」がコンセプト通りになるかどうかは分からない。

ただ、個人的には今回のコンセプト動画に結構魅力を感じている。ホームボタンをアプリと並べて使う、というのは便利なのかどうかは正直悩みどころだが、物理式ではなくなるのなら自由に配置することができても良さそう。ユーザーのカスタマイズ性が高まるのなら、それはそれでアリかもしれない。

Behanceには、Moe Slah氏が公開している複数のコンセプト画像が掲載されている。気になる人はこちらからアクセスしてみてほしい。

[ via BGR ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。