またしても「iPhone 8」の新たなコンセプトが登場 曲面ディスプレイになり、Appleのロゴ内部にカメラが搭載

最近になって多くのコンセプトが公開されている「iPhone 8」。昨日もデザイナーのMoe Slah氏が作成したコンセプト画像を紹介したばかりだが、本日もConceptsiPhoneによる新たなコンセプトが公開されているのでご紹介しよう。

曲面ディスプレイになり、カメラがロゴ部分に搭載 新色も登場

今回、ConceptsiPhoneが公開した「iPhone 8」のコンセプト画像の最大の特徴は、Samsungの「Galaxy S7 edge」のような曲面ディスプレイだ。

端末を斜めから見るとディスプレイの表示領域が側面に回り込んでおり、はっきりと曲面ディスプレイであることが分かる。

現時点では「iPhone 8」は有機ELディスプレイを搭載し、曲面ディスプレイになるという情報がかなり多く存在するので、もし情報通りの端末になるのであれば、このコンセプトのような側面になりそうな予感だ。

今回のコンセプトのもう1つの大きな特徴、それは背面カメラがAppleのリンゴマーク部分に埋め込まれているということ。カメラが目立たなくなることで背面のデザインはかなりスッキリした印象に。併せて、LEDフラッシュも端末の中央寄りに移動している。

スマートフォンのカメラ性能は年々向上してきており、それに従ってカメラの大きさも徐々に大きくなりつつある。この大きなカメラをカッコ悪く感じている人もいることから、コンセプトのようにAppleのリンゴマークの中にカメラを埋め込むのもスマートなデザインを維持するために有効な手段なのかもしれない。

カラーバリエーションには新たなカラーが追加。「iPhone 5s」から存在する「ゴールド」が廃止され、代わりに「レッド」のような赤みがかったカラーが追加されているようだ。

ちなみに「iPhone 8」はこれまでの2モデル体制から、新たに「プレミアムモデル」が追加された3モデル体制になると予想されており、この「プレミアムモデル」は「Ferrari(フェラーリ)」というコードネームで呼ばれているという情報がある。

コードネームが新色に関係しているかどうかは定かではないが、もしかすると「Ferrari」のような赤色の端末が登場するのかもしれない?ただ、個人的にはもう少し明るい赤色カラーの方が好みなのだが。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう