「watchOS 3.2」で導入された新機能「シアターモード」のハンズオン動画が公開

本日、Appleはデベロッパー向けに「watchOS 3.2 beta 1」を公開しているが、今回のベータ版には新機能として「シアターモード」と呼ばれる新しいモードが搭載されている。

同モードは映画館など「Apple Watch」の通知音やディスプレイの光を制限したい時に使用するためのモードで、同機能をオンにすると通知音がオフになり、通知は全て触覚フィードバックのみになる。

また、手首を捻ってもディスプレイが点灯しなくなるので、ディスプレイを表示させるにはディスプレイをタップするか、デジタルクラウンを押すことで表示させることができる。

「シアターモード」を使用するには、「Apple Watch」の下からスワイプすることでコントロールセンターを開き、仮面が二つ並べられたアイコン(映画を表現?)をタップするだけ。「シアターモード」をオンにしようとすると、毎回「シアターモード」とはどういうものかの説明が表示される仕様になっているとのこと。

以下に、MacRumorsと9to5Macのハンズオン動画を掲載しておくので、気になる人はぜひチェックしてみてほしい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう