「LG UltraFine 5K Display」を無線ルーターの近くに置いて使うとフリーズなどの不具合が発生することが判明

現在、「MacBook Pro (Late 2016)」で採用されている「Thunderbolt 3」に対応した5Kディスプレイ「LG UltraFine 5K Display」に少し困った不具合が発生していると話題になっている。

9to5Macによると、「LG UltraFine 5K Display」を無線ルーターなどのワイヤレスネットワーク機器の近くに置いて使うと、ディスプレイが、時折使用できなくなる不具合が発生しているようだ。

「LG UltraFine 5K Display」から2メートル以内に無線ルーターを置くと、ディスプレイがフリーズしたりする謎の不具合

この不具合は、「LG UltraFine 5K Display」が無線ルーターなどのワイヤレスネットワーク機器から6.6フィート(約2メートル)以内の距離に設置してあると、ディスプレイがフリーズしたり、接続できなくなることがあるというものだ。

9to5Macがこの件について調査したところ、Apple公式サイトの「LG UltraFine 5K Display」のレビュー欄でも同じような不具合が報告されており、「LG UltraFine 5K Display」の潜在的な問題である可能性がある。

ちなみに、9to5Macがこの件についてLGのサポートに問い合わせたところ、この不具合は「LG UltraFine 5K Display」のみで発生しているようだ。解決法としては「無線ルーターをもっと遠くに置く」ことを提案されたとのこと。

「LG UltraFine 5K Display」のマニュアルには「ワイヤレスネットワーク機器から離して置いてください」などの注意書きはないのだが、もし同ディスプレイの購入を検討している場合は、ディスプレイと無線ルーターの場所を2メートル以上離すことができるかを確認するように!

Apple公式サイトで「LG UltraFine 5K Display」をチェック!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。