「iOS 10.3 Beta」では32bitの古いアプリを起動すると新たな警告が表示されるように 「iOS 11」で32bitアプリのサポートが廃止か

app-apple

「iOS 10」では、32bitアプリを起動すると「動作が遅くなる可能性があります」という警告が表示されるようになっていたが、先日リリースされた「iOS 10.3 Beta」では、この警告が新しくなっていることが判明した。

「iOS 11」では32bitアプリのサポートを廃止か

9to5Macによると、「iOS 10.3 Beta」では32bitのアプリを起動した時に、「このアプリは将来のバージョンでは動作しなくなる可能性があります。アプリ開発者は、互換性の向上のためにアプリのアップデートをする必要があります」と表示され、開発者側がアプリのアップデートをしないとアプリが将来的に使えなくなることを警告する内容が表示されるとのこと。

この警告の内容から察するに、今年にリリースが予定されている「iOS 11」では、Appleは64bitアプリのみをサポートし、32bitアプリのサポートを廃止する可能性があるとみられている。

App Storeでは購入履歴から古いアプリも参照することができるため、32bitアプリのインストール自体はできるかもしれないが、もし「iOS 11」でサポートが廃止となった場合はそのアプリが起動できなくなる恐れがある。

もし32bitアプリを使っている人は、開発者が64bitに対応するアップデートをリリースしてくれるのを待つか、代替できるアプリを見つけるしかなさそうだ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう