Apple、ARMベースのMac用チップ「T310」を開発中か 低電力モード機能の一部を処理

Appleは次期ARMベースのMacに、新たなチップを搭載するつもりなのかもしれない。

Bloombergによると、AppleはARMベースMac用チップの開発を2016年から行なっていることが判明した。このチップは、「MacBook Pro (Late 2016)」に搭載されている「T1」チップと似た少し特殊なチップで、低電力モードの一部の処理をサポートするという。以下、詳細をお伝えする。

低電力モードの処理を行う新チップ「T310」が2017年発売の新型「MacBook Pro」に搭載か

Bloombergによると、Appleが開発しているMac用チップは「T310」というコードネームで呼ばれている。

Intel製のプロセッサーユニットと共に動作することで、「PowerNap」機能などの低電力モードの一部の処理を行うことができるようになっており、2017年後半に発売する新型「MacBook Pro」に搭載される可能性があるとのこと。

「PowerNap」機能とは、Macがスリープ状態の時でもメールなどの各種通知や、他のデバイスでリマインダーやカレンダー、連絡先などの変更があった際に情報を更新することができる省電力機能のこと。スリープ中のソフトウェアアップデートや、Mac App Storeのアプリをバックグタウンドでダウンロードしたり、Time Machineでバックアップを自動で作成する機能もある。

この「T310」を搭載することで、現在の低電力モードがどれほど電力消費を少なくすることができるかは不明だが、現行の「MacBook Pro」でも、かなりの省電力で動作していることから、非常に優れた低電力モードが実現できる可能性がある。

また、「T310」がARM製である理由は、おそらくIntel製品への依存度を減らすためであることが考えられる。現に、「MacBook Pro (Late 2016)」の「Touch Bar」の処理をする「T1」チップはARM製だ。

現状、新型Macに関してはとても情報が少ないが、今年は新型「MacBook Pro」や新型「iMac」が発売されると予想されている。

昨年、新型「MacBook Pro」が大型アップデートを実施したので注目は新型「iMac」となるわけだが、今回の「T310」を搭載した新型「MacBook Pro」の登場にもかなりの注目が集まるだろう。今からとても楽しみだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。