Apple、台湾で「Apple Pay」のサービスを開始することを正式発表

applepay

昨年、日本でもサービスが開始されたAppleの独自決済システム「Apple Pay」が、いよいよ台湾国内でも提供されることが判明した。

台湾のApple公式サイトでは、「Apple Pay」のサービスがまもなく開始されることがアナウンスされており、当初は以下7行の銀行と提携して提供されることが公表されている。

  • 国泰世華銀行
  • 中国信託商業銀行
  • 玉山銀行
  • スタンダード・チャータード銀行台湾
  • 台北富邦銀行
  • 台新銀行
  • 聯邦銀行

これで「Apple Pay」が利用できる国の数は全14カ国。台湾の他には、米国、イギリス、オーストラリア、カナダ、中国、フランス、香港、日本、ニュージーランド、ロシア、シンガポール、スペイン、スイスで利用が可能だ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via DigiTimes ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。